1234567891123456789212345678931234567894

 

授かる方と授かりにくい方、その違いは・・・

自然に授かる方と、授かりにくい方がいらっしゃる。同じ不妊治療を受けても、成功する方とそうでない方がいらっしゃる。その違いは、授かるための準備が出来ているかいないかだと私は考えています。

授かるための準備が出来ている状態とは、内分泌系と自律神経が調っていて、代謝が十分な状態が維持されていること。このような状態であれば、ホルモンバランスは良く、子宮や卵巣の機能も高く、生殖機能が充実した状態が保てているはずです。

 

漢方薬をお身体に合わせて服用して頂くと・・・

漢方薬をお身体に合わせて服用して頂くと、多くの方が早い内に、PMSが軽くなる、生理痛や排卵痛が和らぐ、経血がきれいになる、冷えや疲れが楽になるといった変化を感じられます。そして、生理周期が安定して生理や排卵が予定通りにくるようになり、基礎体温も調ってくるものです。低めだった体温が理想体温まで上がる方もいらっしゃいます。これらはまさに、女性ホルモンや自律神経が調って、十分な代謝が得られることで生じた変化と言えると思います。

そして、しっかり身体が調うと、低温期が安定して卵子が成熟し、排卵がスムーズになり、高温期が安定して内膜の厚みと質が高くなり、生理時には内膜がきれいにさばけ、生理周期が調ってタイミングを取りやすくなるもの。このような状態になれば、自然に授かりやすくなりますし、タイミング療法・人工授精・体外受精といった不妊治療の成功率も向上してきます。

 

身体造りに要する期間は・・・

漢方では、3か月・半年・1年毎に身体が変わっていくと考えます。
また、子宮内膜は3回の生理でリセットされ、卵子は原始卵胞の状態から3か月かけて育ってから排卵されるといわれています。

身体造りに要する期間はお一人お一人違いますが、1か月、3か月、半年と、じっくりと調えることが大切です。

じっくりと身体造りをされて、しっかりと身体を調えてから授かると、赤ちゃんの育ちも良く、妊娠中のママも元気に過ごせて、出産後も母乳の出が良く、第2子不妊も起こりにくくなる傾向があります。このことからも、丁寧にじっくりと身体を調えることはとても大切だと思っています。

私どものところで身体造りをされた方では、自然な形でタイミングを合わせることで授かる方が多いのを実感しております。もちろん不妊治療をあわせて功を奏する方も。授かるまでの期間は、早い方は数か月で、また1年以上取り組まれた上で授かる方もいらっしゃいます。

 

卵子の質を向上させることも大切です

不妊治療の医学書には、『最先端の技術を用いたとしても、治療を成功させるためには最終的には卵子の質を高めることが重要である』と結んでいます。加齢と共に卵子は老化することが分かっています。卵子が老化する=卵子の質が低下するということ。授かるためには、卵子の質を向上させることも大切です。

近年、『ミトコンドリアで卵子を活性化させると、卵子の質が上がる』ことが報告されています。卵子が活性化するということは、すなわち卵子の代謝が上がるということ。漢方薬には代謝を高める働きがありますので、この大事な‘卵子の質’も向上させる働きがあるといえると思います。

また、『細胞レベルでミトコンドリアを活性化させて、代謝を上げるアミノ酸』がサプリメントとして既に市販されており、身体造りにこのサプリメントも取り入れております。その結果、体外受精時に採卵した卵子のグレードが向上した方が多くいらっしゃいます。

 

男性も、ケアーされることをお勧めします。

不妊でお悩みのご夫婦の内、約40%は男性側に原因があることがわかっています。

実際に、ご相談に来局された中で、男性はケアーの必要性を感じず女性だけが身体を調えられていて、十分調っているのに上手くいかなかったご夫婦が、そこから男性も一緒に身体を調えられたところ、無事授かったというケースが多くみられます。

子どもを持つことは、ご夫婦の願い。精子も質が問われる時代です。精液検査で問題が確認されている場合はもちろんのこと、そうでない方も、精子の状態を向上させるために男性もケアーされることをお勧めします。きっと、元気な赤ちゃんを授かる支えになるはずです。

 

このような方々にお喜び頂いております

  • 子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮筋腫、抗リン脂質抗体陽性、高プロラクチン血症、
    ホルモンレベルなどの問題があり、授かりにくい方。
  • ホルモン剤+タイミング療法で上手く行かない方
  • 人工授精や体外受精を受けられても上手く行かない方
  • 40歳を越えた方
  • 第二子不妊の方
  • 流産を経験した方
  • 精液検査で問題を指摘されている方
  • 結婚して2年、自然な形でタイミングを合わせていて授からない方。
  • 生理痛やPMS、ストレスが強い方。
  • 生理周期や基礎体温が安定しない方
  • 積極的な不妊治療はせずに、自然に授かりたい方。

  • この他にも、色々な状況の方がおられます。


    ☆『どなたにも必ず力はあるはず』を心に一生懸命対応させていただいており、これまでに多くの方が授かられ、お喜び頂いております。しかしながら、全員の方がそうなられているわけではありません。私どもは、より多くの方にお喜び頂けるように、漢方的な考え方を基礎として、新しい知見を取り入れながら、より良い身体造りのご提案ができるよう日々努力しております。☆

     

    身体造りで使うものは・・・

    当薬局では、身体造りに漢方薬、アミノ酸製剤、サプリメント(代謝を上げる・体液をきれいにする・亜鉛を補う・抗酸化作用)などを用います。
    全て、服用中に妊娠されたときに、ママにも赤ちゃんにも安心なものばかりです。また、お医者さんで不妊治療を受けられている場合も安心して服用した頂くことができ、その治療効果をたすけることにつながります。

    金額はお身体の状態によって違いますが、1か月当たり10,000円〜30,000円位になることが多いです。

     

    内側から漢方薬、外側からはり灸治療を施すと、相乗効果が得られて、より良く身体が調うものです。

    当薬局では、はり灸院を併設しております。内側から漢方薬、外側からはり灸治療を施すと、相乗効果が得られて、より良く身体が調うものです。私どもでは、薬剤師と鍼灸師が患者様のお身体の情報を共有し、より良く身体が調うように協力して対応させて頂いております。

     

    メールでのご相談

    経血の状態(色・量・塊の有無)、排卵痛、PMS、生理痛、基礎体温の特徴、これまでの治療経過、妊娠・出産・流産経験の有無、検査で分かっている器質的問題、血液検査で分かっている問題、その他婦人科の検査で分かっていること、舌の状態、全身状態、自覚症状で気になること、精液検査の結果、その他気になっていることをお知らせください。お名前・性別・返信先アドレスもお願いします。

    数日以内に、お身体に合わせた身体造りのポイントと具体的にどのような方法が必要かをメールにてご説明させていただきます。

    ☆お会いすることで始めてわかる情報もあるものです。実際に身体造りに取り組まれる際には、一度ご来局頂いて、より詳しく状態を把握させていただいた上で、身体造りの方法と漢方薬及び服用方法をご提案させて頂きます。

     

    子宝漢方の保健堂鳥居薬局 大正12年創業 〒322-0066  栃木県鹿沼市上田町1968 .0289-62-3246  メール:toriihidemasa@toriiyakkyoku.jp 営業日:月〜土(祝日は不定休) 営業時間:午前9時~午後7時30分  ☆ご相談の際は、事前にお電話でのご予約をお願いいたします。
    鳥居 英勝 薬剤師 1972年生 2001年国際中医師資格取得 幼少から漢方に興味を持ち、薬剤師資格取得後は中医薬大学にて中医学を学ぶ。 「どなたにも子を持つ力はあるはず」を心に、子宝相談に応じている。

    鳥居 安奈 鍼灸師 1976年生  「女性の心身は年齢とともに変わっていくもの。患者様の気持ちとお身体に寄り添って施術させて頂く。」を心に、治療させて頂いている。

     

    メディア掲載

    妊活スタイル、その他雑誌や新聞に掲載されています。